ドラマ

【珈琲いかがでしょう】コピルアクの味は?購入方法についても調査

2021年4月より、中村倫也さん主演のドラマ「珈琲いかがでしょう」がはじまりますね。

原作は、コナリミサトさんの同名「珈琲いかがでしょう」です。

ドラマ発表となる前から、『この役は絶対に中村倫也しかいないでしょ!』という口コミも多く、本人も『自分以外が演じていたら文句を言っていたかもしれない』というくらい、すでに反響が大きいんです。

1話2話ではなく、マンガ内では1杯目2杯目とストーリーが繰り広げられるのですが、10杯目では、高級コーヒーと言われている「コピルアク コーヒー」が登場。

日本国内で飲むと、1杯8,000円以上もする高級珈琲と言われており、一時期話題になりましたよね。

実際にドラマ内で登場するかは、見てのお楽しみですが、今回は、世界三大高級コーヒー「コピルアク」について調べてみました。

【珈琲いかがでしょう】コピルアクの味は?

気になるコピルアクの味は、苦みが少なく、どちらかというとスッキリしたフルーティな仕上がりになっています。

中には酸味の効いた珈琲もあるようです。

そもそも「コピルアク」というのは、インドネシア語でコーヒーという意味の「コピ」とジャコウネコを意味する「ルアク」を合わせた呼び方。

その名の通り、ジャコウネコが関係しているのですが、ジャコウネコの排泄物からコーヒー豆を作っています。

これだけ聞くと、「え!?糞を飲むってどういうこと?」と思う人も多いはず。

ジャコウネコは大好物である珈琲の実を主に食べており、お腹の中の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵の働きによって、実だけが消化されて芯にあたるコーヒー豆は消化されずに排泄されます。

出てきた排泄物を綺麗に洗って乾燥させて、炒って出来上がるのが「コピルアク」なんです。

この過程で、カフェインも通常の珈琲と比較して抑えられていることから、すっきりとした味わいを感じるのかもしれませんね。

バリ島・キンタマーニ高原の山道に、コピルアクができるまでの過程を見られる観光地もありますので、バリ島に遊びに行った際はぜひ、かわいいジャコウネコを見てみてはいかがでしょうか。

【珈琲いかがでしょう】コピルアクが出てくるシーン

そんな貴重なコピルアクが出てくるシーンは、10話目(10杯目)の「ファッション珈琲」です。

≪10杯目あらすじ≫

元バリスタチャンプで珈琲界の重鎮・モタエが、コピルアクを青山と生徒たちにふるまうシーンで登場。

モタエの珈琲教室に通って、ただ箔をつけたいだけの生徒にわざと普通の珈琲と見せかけてコピルアクを淹れ、飲み比べをさせます。

コピルアクだと思い込んだ珈琲を飲んだときの生徒は・・・

というストーリー。

ドラマ内ではどこのシーンで登場するか、現在確認できませんが、生徒たちの表情と今後の展開、気になりますよね。

現在、U-NEXTでは映画やドラマだけでなく、電子書籍を34万冊以上も配信中。

▼▼今なら新規登録で、31日間無料トライアル実施中▼▼

31日以内に登録を解除すれば、料金がかかることなく無料で好きなマンガやドラマを視聴することができますよ♪

【珈琲いかがでしょう】コピルアクの購入方法は?

コピルアクは、Amazonや楽天、yahooモールで購入することができます。

ただ、やはり貴重な珈琲ということもあるため、値段は比較的高め・・・

100gがおよそ4,000円~です。

今はコロナウイルス感染の影響で、海外への渡航が禁止されていますが、ぜひ海外旅行でバリ島に行く機会がありましたら、現地でコピルアクを購入してみてくださいね。

現地ではおおよそ半額くらいで販売されていましたよ♪

【珈琲いかがでしょう】コピルアクの美味しい飲み方

コピルアクの珈琲は、ふだん私たちが飲むコーヒーと同じように、豆を挽いたあとドリップします。

ですが、インドネシアではドリップする際にフィルターは使わず、粉末にした珈琲がカップの下に沈むのを待ってから飲みます。

待ち切れずに飲んでしまうと、かなり粉っぽいので注意してくださいね。

♦豆を挽く際のポイント♦

コピルアク豆を挽く際は、極力細かくしましょう。

小麦粉並みに細かくなったら、大さじ1~2杯をカップに入れて、お湯を注ぎます。

完全に粉がカップの底に沈殿してから飲むのがポイントです。

インドネシア人は、大好きな甘いお菓子と一緒に珈琲を飲む方がおおいですので、ぜひあなたに合った珈琲のお供をみつけてくださいね。

さいごに

いかがでしたか?

4月から始まる【珈琲いかがでしょう】、楽しみですね。

原作とドラマ、どのくらいリンクしているかは見てのお楽しみですが、たくさんの珈琲が登場してくれると嬉しいですよね。

今後のドラマ情報については、放送開始次第、随時更新していきます!